• 港川ステイツサイドタウン
  • 港川ステイツサイドタウン

浦添市の港川という地域に、アメリカ軍人用に建てられた家、いわゆる外人住宅街があるのをご存じでしょうか。

現在はその一帯を管理する業者が「港川ステイツサイドタウン」と名付け、住居や店舗などが集い、地元住民や観光客がショッピングを楽しむ地域となっています。
カフェやレストラン、雑貨店やパン屋、ピザ屋さんから沖縄そば、日本そば屋さんまで。案内看板によると、ユニークな店舗が37店もあり、沖縄アメリカンな風景であります。

今回ご紹介するお部屋は、そんな「港川ステイツサイドタウン」から徒歩圏内。
1960年代に外国人仕様に建築された、みなさま待望のヴィンテージアパートメント。

とにかくズドーン!と長い建物が2棟。地図で見るとお隣の高校の校舎とほぼ同じ長さ!そうなるとやっぱり共用廊下もズドーン!と長くて、ちびっこがかけっこできるほど。
外装は、サンドベージュカラーのペイントに長方形の花ブロックの手すり。今ではあまり見かけない、そのレトロな佇まいに僕のレーダーが反応しました。

花ブロックにロープを結びつけて、遠慮なく洗濯物を干している絵面に「ベトナムなのかい?」と突っ込みつつ。それも含めて笑ってゆるしてください。

玄関ドアを開けると、すぐのお部屋5.8帖は多分リビングと思われます。廊下の途中と先になぜか4.5帖と4帖の和室が2室。奥に5帖のダイニングキッチンがあるという謎の間取り。床は外人住宅でお馴染みのPタイル(プラスティックタイル)張りで、リビング壁は新調したらしき白いクロス仕上げ。
フローリングがお好みの方には、別のお部屋ですが、床あげしてフローリングへリフォームした部屋もございますが、このアメリカンスタイルと和室というごちゃ混ぜ感が、妙に面白い予感。

キッチンは、僕好みのお懐かしいタカラスタンダードのホーローキッチン。そして造作と思われるさわやかすぎるブルーの吊棚。
天井高は約270cmもあるので、5帖と言ってもどうにか行ける気がする。
バスルームは、バスタブ、洗面器、トイレの3点が一室のアメリカンタイプ。奥行130cm、幅73cmとコンパクトな全面タイル仕上げで直角のバスタブが銭湯のよう。

エアコン、インターネット、ガスコンロ、テレビアンテナは設備されておりませんので、ご自身でご準備くださいませ。
また、Pタイルのお部屋はドア開けてすぐにフロアが広がる玄関のないスタイルですので、棚で仕切ったりマットを敷いたりとひと工夫が必要です。

場所は浦添市港川の国道58号線と、県道251号線(通称:パイプライン)をつなぐ通称「学園通り」を通りの中間あたりに位置し、港川小学校や港川中学校、県立浦添商業高校がほど近く「キンコーンカンコーン」と学校のチャイムが聞こえたり。
登下校する学生さんや部活の声が聞こえてきて、ほっこりします。

お引越しを考えた時、ついピカピカの新築や築浅のばかりを見てしまいがちです。良い物件を見つけても、築年数が古いという理由で敬遠したり。家賃や間取りが気に入っても、築年数にこだわってしまっている方々、その先入観は捨てちゃいましょう!

古くなると価値が下がる「新品」が売りの製品に比べて、古くなれば価値が上がっていく「ヴィンテージ」
住んでみると、その不便さや手間のかかる具合が逆に「愛着」に変わるものです。その感覚を一度味占めると、虜になるかもしれません。
大切な物と同じように、良いものは何十年でも使い続けられますから。

text:りゅーのすけ

  • RENT
  • ヴィンテージ暮らし入門編
  • アメリカンタイプ
  • 【賃貸アパート】
  • 浦添市港川
  • 賃料:43,500円
  • 間取り:2DK+L(和4.5・和4・DK5・L5.8)44.71平米
交通
「公民館入口」バス停より徒歩8分
共益費
500円
駐車場
1台無料
敷金
賃料の1ヶ月分
礼金
賃料の1ヶ月分
仲介手数料
賃料の1ヶ月+消費税
家賃保証
賃料の1ヶ月分の20%~
火災保険
15,000円(2年更新)
設備
バスタブ、ベランダ、照明
備考
【学校区】市立港川幼稚園、市立港川小学校、市立港川中学校
【駐車場】1台無料、2台目契約可(1台:4,000円)
現況
空家
取引形態
媒介

「ヴィンテージ暮らし入門編」お問い合わせ

*は必須項目です


(確認用)
-
お電話でのお問い合わせ 098-893-5015